トランクルームの収納サイズの選び方 ロッカータイプから5帖以上のサイズまで

投稿日:2016年9月8日 更新日:

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e5%8f%8e%e7%b4%8d%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9-%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%bf
自宅に置けない荷物を収納するのに、トランクルームは大変便利です。最近では、お客様それぞれのニーズに対応できるよう、あらゆるサイズのトランクルームが登場しています。

そのため、自分が必要とするサイズを選んで契約することができるので、無駄なく利用することができます。とは言うものの、荷物が大きかったり数が多かったりすると、どの位のサイズを選べば良いのか迷ってしまいます。

そこで、ここではトランクルームの収納サイズの選び方をご紹介します。

▼おすすめ記事▼
トランクルーム業者おすすめランキング

ロッカータイプ

%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0
ロッカータイプのトランクルームは、チョットした小物類などを収納するのに最適です。サイズはトランクルーム運営会社ごとで多少は変わりますが、平均的には扉幅0.85m×奥行0.5m~0.7m×高さ1mという大型のコインロッカーと同じ大きさのくらいとなっています。

1m以上の荷物がなく数が多い場合には、ロッカータイプを2つ利用するという契約も可能で、場合によっては2つレンタルする方がリーズナブルなこともあります。

おすすめの収納物としては、本や漫画などの書籍類・アルバム・CDやDVD・フィギュアなどの趣味で収集しているコレクションなど、様々なものを収納できます。ロッカータイプはコンパクトな大きさなので、細かなものを入れても簡単に見つけることができます。

1帖未満

1帖未満(0.5帖~0.8帖)のトランクルームは、自宅のクローゼットのような感覚で利用できるサイズとなっています。大きさは、扉幅1m×奥行0.7m×高さ2m程度で、高さがあるので収納の仕方を工夫することで、かなりの荷物を入れることが可能です。1人暮らしの方にはピッタリの大きさとなっています。

おすすめの収納物としては、サーフボード・スノーボード・スキー板・スーツケース・弦楽器・パソコン・扇風機などです。

季節にしか使用しないものや、使用頻度の少ないものなどをトランクルームに収納することで、部屋をスッキリさせることができ、部屋を広々と使うことができるようになります。

高さがあるので、工夫次第でクローゼットタイプでも様々な使い方ができます。

1帖~2帖

1帖~2帖のトランクルームは、衣類から季節の道具まであらゆるものを収納できる万能サイズで、ファミリー向けの大きさになります。サイズは、扉幅1m×奥行1.5m~1.9m×高さ2m程度です。1帖未満のトランクルームと比べて、奥行きが2倍以上になっています。そのため、幅のあるものも余裕を持って収納することが可能です。

例えば、大切なゴルフバッグや使わなくなった育児用品・おもちゃ、収納ボックスなどたくさん収納できます。

奥行と高さがあるので、収納ラックなど活用すると、スペースになりがちな場所などもしっかりと利用することができ、無駄なく収納することができます。お金を出してスペースを借りるのですから、しっかり無駄なく利用しましょう。

2帖~4帖

2帖~4帖タイプのトランクルームは、扉幅1m×奥行2.2m~2.6m×高さ2m程度で、物置くらいの大きさとなります。奥行もゆったりしているので、大家族やオフィス用品などの収納に最適です。

大きいものから小さいものまで、あらゆるオフィス用品を収納することができるので、室内やデスク周りをスッキリ片づけられ、その後の仕事も効率良くこなすことができるでしょう。

トランクルーム内には空調完備されているものがほとんどですので、企業で在庫を抱えている商品などを一時的に預けるのも良いでしょう。

おすすめの収納物としては、オフィス用品・書類・参考書・机や椅子・什器・在庫商品などです。また、大家族の衣類や思い出の品々の保管場所にも最適です。

5帖以上

5帖以上の大型トランクルームは、家の建て替えや単身赴任、引越しなどで置き場に困った家具や家財道具などを、一時的に保管するときに大変便利な大きさです。

サイズとしては、扉幅1m×奥行3m~4m×高さ2m以上となり、ベッドやソファなどの大型家具でも余裕で収納ができます。

引越しの際、荷物を段ボールにまとめたけれど、その置き場に困るものです。そんな時に大型トランクルームを利用することで、段ボールのまま保管しておけるので、引越し先や新居へ入居するときに段ボールのまま取り出すことができます。

必要なものを取り出し荷物が少なくなったら、サイズの小さいトランクルームに変更すれば良いので、賢く利用できます。セキュリティ面も万全な態勢となっているので、安心して使用できます。

まとめ

賢くトランクルームを利用するときには、目安となるサイズと収納可能な荷物の量を知ることが大切です。

例えば、1DKに住んでいる方のおすすめの大きさは、ロッカータイプ・0.5帖・1帖・1.5帖です。収納可能なダンボールの数としては、ロッカータイプで約6箱、0.5帖で約24箱、1帖で約48箱、1.5帖で約72箱となっています。

また、3DK以上の部屋にお住いの方は、5帖タイプがおすすめで、ダンボールは240箱以上収納可能です。

トランクルームを利用する際には、まず自身の荷物を見直して最適なサイズを見つけましょう。そして、スタッフと相談して無駄なく利用できるサイズを選ぶことが必要です。疑問や相談などは、必ず業者のスタッフに聞くようにしましょう。

▼おすすめ記事▼
トランクルーム業者おすすめランキング

▼複数の業者をまとめて一括検索▼

-トランクルームの基礎知識

Copyright© 東京のおすすめ格安トランクルーム・レンタル倉庫の料金ガイド , 2017 AllRights Reserved.