トランクルームのセキュリティとトラブル

更新日:

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%81%a8%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab

引っ越しや家の建て替え、リフォームなどの際にいったん荷物を預けたり、長期間使わない物や季節ものの衣類や家電などを長期間保管するなど、いろいろと便利ながトランクルームです。

ただし、なかには思いもよらないトラブルに巻き込まれてしまったという経験をされた方もいらっしゃるようです。

トランクルームを利用した際に起こりがちなトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか。また、それを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、トランクルームのトラブル対策を紹介していきます。

▼おすすめ記事▼
トランクルーム業者おすすめランキング

トランクルームの一般的なセキュリティ

ひとくちにトランクルームといっても、さまざまな形態があります。一般的なのは、ビルやマンションの共有部などに設置されている室内型タイプです。

サイズもさまざまで、ロッカータイプの物や0.5帖、1帖など、収納する物の大きさによって異なります。室内でビルにあるタイプのほとんどは、24時間セキュリティシステムが稼働していたり、空調設備が整っています。

倉庫業者の運営するトランクルームのなかでも、国土交通省から優良認定されている場合には、認定番号が記載されており、定温、定湿、防塵、防虫、防滋、常温、常湿などの認定マークの提示が義務付けられていますので、確認をしてみましょう。

また、車などで出入りすることが多い屋外のコンテナ型のトランクルームの場合には、監視カメラや施錠など、一般的なセキュリティ体制は整っているものの、季節によってはコンテナ内の温度や湿度などが変わりやすいため、デリケートな管理が必要な衣類や美術品、骨とう品などの保管には向いていません。

セキュリティ体制は、サービス会社によっても異なりますので、契約をする前にしっかり確認をしておく必要があります。

管理人在中のトランクルーム

トランクルームを借りる場合には、あらかじめ管理人在中であるか、警備員が定期的に巡回をしてセキュリティ強化されているかなども確認をしておく必要があります

荷物を長期間にわたって保管したり、1年に何度も利用しないという場合には、管理人不在でもそれほど困らないかと思います。もし頻繁に利用したり、高額な品物を保管する、あるいは女性の場合には、機械による警備システムとともに、管理人在中のトランクルームの方が安心して利用することができます。

管理人さんの仕事は、盗難やいたずらなどを防ぐことはもちろんですが、女性がひとりで深夜に利用しなければならないという場合には、管理人さんがルームまで付き添ってくれるところもあります。

また、重たい荷物を出したいという場合にも、手伝ってもらうことができれば助かりますし、何らかのトラブルで、突然、鍵が開かなくなったという時にも、すぐに駆け付けてもらうことができます。

ご自身が保管する荷物や利用する頻度などによって、どこまでのセキュリティレベルが整っているトランクルームを利用するべきかを考えましょう。

トランクルームで実際にあったトラブル

トランクルームを利用していてよく聞かれるのは、荷物にカビが生えてしまったというトラブルです。

トランクルームを選ぶ際には、実際に現地に出向いて空調設備や室内の湿度などを確認しておく必要があります。最近は、集荷型のトランクルームも多く見られますが、その場合には契約書に書かれている内容をきちんと確認をしたり、分からないことや疑問などは契約前に解決をしておきましょう。

見学をするのは面倒という方もいらっしゃるようですが、後々のトラブルなどを避けるためにも、やはりご自身の目で確認することを怠らないことが大切です。

また、盗難や火事、いたずらなどがあった場合には、保険が適用される場合もあります。

倉庫業者の運営するトランクルームであれば、火災保険が掛けられていますので、万一の際にも保障してもらうことができますが、レンタル収納スペースや屋外トランクでは、火災保険などの義務付けがありませんので、預ける人が任意で加入しなければならない場合があります。

火災保険だけではなく、荷物の破損やキズなど、預ける荷物をどこまで保障してもらえるのかについても、あらかじめ確認をしておきましょう。

まとめ

このように、トランクルームを利用する前には、月々の使用料や広さ、立地だけで選ぶのではなく、管理人在中であるのかなど、セキュリティ体制についても考慮して選ばなければなりません。

引っ越しの一時的な荷物置き場で借りるのであれば、それほど神経質になる必要はありませんが、温度管理が必要な衣類や楽器、美術品などを預ける場合には、セキュリティだけではなく、温度管理や湿度も重要になってくるでしょう。

もちろん、すべてをトランクルームに任せっきりにするのではなく、ご自身でもトラブルを未然に防ぐために対策をする必要があります。

たとえば、ストーブやファンヒーターなどは、トランクルームに保管する前に掃除や稼働確認をしておき、埃などが被らないように梱包をしっかりしておきます。

衣類の場合には、防虫剤を入れて、コートやスーツなどはハンガーラックなどに吊るしたり、タンスや棚などを保管する場合には引き出しの中をすべて空にしておく必要があります。布団や毛布などは、防虫剤を入れて圧縮袋などに保管をしておくと良いでしょう。

このように、預ける側も少し意識を変えて注意をするだけで、トラブルの発生を防ぐことができるようになります。マナーを守って気持ち良く使えるようにしましょう。

▼おすすめ記事▼
トランクルーム業者おすすめランキング

▼複数の業者をまとめて一括検索▼

『キュラーズ(Quraz)』 客満足度ランキング 7年連続No.1!

  • オリコン日本顧客満足度ランキング
    7年連続No.1トランクルーム!
  • ビル店舗のみで内装がきれい
  • スタッフ常駐と監視カメラで安心
  • 24時間365日利用OK
  • 無料駐車場完備

オリコン日本顧客満足度ランキングで、2010年~2016年の7年連続No.1トランクルームに選ばれているキュラーズ(Quraz)。

キュラーズ(Quraz)の店舗はビル全体をトランクルームとして運営していて、スタッフが常駐し、きれいな内装としっかりとした温度・湿度管理で安心と信頼感が高いです。

2001年の創業から高品質のトランクルーム提供を続けています。

『ハローストレージ』物件数No.1

トランクルームをお探しなら『ハローストレージ』
  • 業界No.1の店舗数
  • 月額1500円~
  • 24時間365日利用OK
  • ALSOK/セコムでの24時間警備

全国に1200物件、65000室以上のトランクルームがあり、トランクルーム業界物件数No.1の「ハローストレージ」。

物件数が多いことに加えて、ALSOK/セコムでの24時間警備や場内灯やアスファルト舗装で、女性でも安心して24時間利用可能なトランクルームを提供しています。

ハローキティともコラボを始めるなど業界最大手としての安心感があります。

『スペースプラス』

  • 月額2520円~
  • 24時間365日利用OK
  • セキュリティ完備

土地開発ノウハウを持つ株式会社ランドピアが2007年から展開している「スペースプラス」。

屋内型のトランクルームと、屋外型のコンテナトランクの2種類があり、土日祝日対応のコールセンターも完備しています。

『アルファトランク』

トランクルームを東京エリアでお探しならアルファトランク
  • 東京の店舗に特化している
  • 24時間365日利用OK
  • 綜合警備保障のセキュリティ完備

東京都と神奈川の一部、特に都心に特化してトランクルームサービスを提供している「アルファトランク」。

綜合警備保障を利用し警備体制もしっかりしていて、現在都内に新規店舗を多数出店しています。

-トランクルームの基礎知識

Copyright© おすすめ格安トランクルーム・レンタル倉庫の料金ガイド , 2017 All Rights Reserved.